管理職志望のエンジニアが選ぶキャリアパス

Leave a comment

エンジニアが将来的な目標として管理職に就きたいと考えているときには、キャリアパスをよく考えて働いていくことが重要になります。ただ平凡に働いていても自然に管理職になれることは稀であり、自分から道を切り開いていかなければなりません。

キャリアパスとして資格の取得によって知識や能力について客観的なベースを作り上げつつ、現場で働くエンジニアとしてプロジェクトの成功に大きく関わって評価を受けていくことが重要です。ITパスポートやプロジェクトマネージャ試験などの評価が高くなりやすいものを受験しておくのが効果的な準備になります。

また、フリーエンジニアになって活躍の機会を増やせるとより可能性が高くなるでしょう。
その後でキャリアアップの転職をして管理職候補として雇用してもらい、数年後には管理職に昇進するというのが理想的なキャリアパスです。転職エージェントに助言を求めることによって、業界ごとに特化した資格などの重要性についても助言をもらえるでしょう。

必要な要素を揃えると有望なエンジニアとして認めてもらいやすくなり、転職先を紹介してくれる可能性も、求人に応募して採用される期待も高まります。
一直線に管理職への道を進めるようにするには初期から転職エージェントに相談しておくというのも良い考え方でしょう。

ポストがないと管理職になるのは難しいので、各職場での状況を調べてポストが空きそうな現場を探してもらうことも可能です。